インプラント治療が
難しいと言われた方へ
TREATMENT

インプラント治療が「難しい」理由

理由によって、治療ができるかどうかは変わります。技術的な問題や、口腔環境が問題であれば、お手伝いさせていただきますが、全ての症例において、確実にインプラント治療ができるとはお約束できません。

骨が少ない場合

インプラントは骨に土台を直接埋める治療のため、土台となる骨が少ないのは致命的です。しかし近年、骨を増やす、という技術が確立され、従来であれば不可能であった部分にも、骨を造成し、インプラント治療が行えるようになりました。とはいえ、やはりこの治療にも限界はあるため、必ずインプラントが出来る、というわけではありません。また、骨を増やすにも時間がかかるため、インプラントの待期期間と併せて、治療期間はより長くなることが予想されます。

GBR
インプラント埋入時に、歯茎を切開し、骨補填剤を入れて特殊な膜で覆います。すると、骨補填剤が骨に置き換わり、しっかりとインプラントを固定することができます。
サイナスリフト
上顎洞と呼ばれる頭蓋骨内の空洞が大きく、上顎の骨が薄いためにインプラントを埋め込む十分な骨がない方が適応になります。上顎洞の粘膜を押し上げるように骨補填剤を注入し、骨に置き換わるのを待ってインプラントを埋入します。
ソケットリフト
上顎洞と呼ばれる頭蓋骨内の空洞が大きく、上顎の骨が薄い場合に適応となります。上顎洞ぎりぎりまでインプラント用の穴を堀り、上顎洞の骨ごと持ち上げるようにインプラントを埋入していきます。

全身状態が芳しくない場合

全身状態に問題がある場合は、処置をお断りすることもあります。可能な場合も、内科医との連携が必要になりますので、お薬手帳や通われている病院・クリニックの診察券をお持ちください。

糖尿病
糖尿病が適切にコントロールされていない場合、処置をお断りする場合があります。糖尿病が悪化していると、骨がもろくなり、感染しやすくなります。インプラントの手術による感染のリスクが高いだけでなく、骨にインプラントがしっかりくっつかないことがあります。
血液サラサラの薬
抗凝固薬や抗血小板薬をお飲みの方は、血が止まりにくくなるため、手術が出来ない場合があります。内科医と相談しながら、処置が可能かどうか判断します。
高血圧
血圧の値によっては、麻酔ができないことがあります。薬で血圧がきちんとコントロールされていれば、問題なく処置できる場合が多いのですが、正常値を大きく外れている場合、先に内科での治療をしていただく必要があります。
骨粗鬆症
骨がもろくなる骨粗鬆症の場合、骨とインプラントがくっつかない可能性がありますので、処置をお断りすることがあります。特にビスホスホネート製剤と呼ばれるお薬を使われている方は、骨が壊死してしまう可能性があるため、インプラントだけでなく、ほとんどの外科処置ができない可能性があります。

歯科治療恐怖症 DENTAL TREATMENT PHOBIA

手術、と聞くととても怖いイメージがあります。インプラントの治療は受けたいけれど、治療そのものに恐怖を感じる方には、静脈内鎮静法という全身麻酔に似た状態で治療を受けていただくことも可能です。お薬によって寝てしまっている間に処置を行うので、非常に快適です。全身状態によっては、お薬を使えない場合がありますので、担当医とご相談ください。

オフィシャルサイトはこちら ご来院はこちら
タップで電話する