入れ歯やブリッジの方へ
IMPLANT&BRIDGE

インプラントのどこが良いの?

インプラントとは、顎の骨の中に直接、インプラント体というチタン製の人工歯根を埋め込み、そこに歯を作るという新しい治療法です。インプラントは人工歯根であるインプラント体、土台となるアバットメント、被せ物である上部構造の3つのパーツの組み合わせです。他の歯に負担をかけることなく、骨とインプラント体がしっかりとくっつくため、ぐらつくこともありません。

インプラントではなく、入れ歯やブリッジを検討されている方もいらっしゃることと思います。どこが違うのか、比べていきましょう。

ブリッジのデメリット

歯と歯を繋げるブリッジ治療は、失った歯の両側に歯が残っていなければならず、一番後ろの歯を失ってしまうと作ることができません。治療範囲に限界がある、というのが、ブリッジ治療の大きなデメリットです。また、ブリッジ治療を行うには、土台になる歯(支台歯と呼んでいます)を大きく削らなければならず、健康な歯を失ってしまうリスクがあります。また、ダミーの歯と歯ぐきの境目は非常に汚れやすく、フロス(糸ようじ)も通らないため、支台歯の虫歯になるリスクは非常に高まります。

入れ歯のデメリット

入れ歯は自由度が高く、多くの場合に対応できる治療方法です。他の歯を削る必要はほとんどありませんが、異物感が強く、固定されていないので動いてしまい、噛む力は弱くなってしまいます。また、粘膜の状態は変化するため、度々調整が必要であったり、傷ができて痛みが出たりします。食事後は取り外して清掃する必要があり、面倒だと感じる方も多くいらっしゃいます。

インプラントのメリット

ブリッジや入れ歯のデメリットを解消しようと開発されたのが、インプラント治療です。
インプラントは骨に土台となるネジを埋め込み、そこに歯を作るという治療なので、両側に歯がなくても治療可能です。また、他の歯を削る必要はほとんどありません。異物感も少なく、他の歯と同じように歯磨きをすることもできます。口の中に固定されており、基本的に歯科医院以外で取り外しができないため、噛む力を大きく回復させることができます。

インプラントに
デメリットはないの?

イイこと尽くしのように聞こえますが、インプラントにもデメリットがないわけではありません。
デメリットについても、しっかり説明させていただきます。

  • 治療期間が長い

    インプラント体(ネジの部分)を骨に埋め込んでから、骨とくっつくまでは待機期間といって、待たなければならない期間があります。数ヶ月から長くて半年ほどかかることもあり、歯がない期間があります。

  • 高額である

    インプラントは保険適用外であるため、治療費は保険診療に比べて高額になります。

  • 全身状態によっては、治療が出来ないこともある

    全身状態や、飲んでいるお薬によっては、治療ができないこともあります。

インプラント、
ブリッジ、義歯の比較 Comparison of implants, bridges and dentures

インプラント ブリッジ 義歯
咬合力
周囲の歯へのダメージ ×
見た目 ×
違和感 ×
治療期間 ×
治療費 ×
外科的侵襲 ×
タップで電話する